KV KV

日本製線の強み

STRENGTH

人々の生活に欠かせない製品を開発・生産・供給する日本製線グループの強みをご紹介します

Global

グローバル

日本製線グループは1938年の設立以来、業界内でもいち早く中国やシンガポール、香港に営業拠点を設立しました。アジア圏を中心にグローバル展開することで、継続的な安定供給体制を実現しています。安定した製品品質と供給品質を強みに海外への供給も実現しています。

Development
/Quality

開発/品質

弊社が大きく成長するきっかけとなったガラス管ヒューズ製品群や、現在主力のLANケーブル製品群は、設計〜生産まで一貫して日本製線グループ内で設計・管理を行うことで、安定した品質を評価頂き、成長してきました。日本品質設計を海外拠点で安定して生産できる体制づくりを強みにこれからも、お客様のご要望にお応えします。

Segment

領域

「マグネットワイヤー製品」「電流ヒューズ製品」・「情報ネットワーク製品」時代のニーズによって事業を展開してきた日本製線グループですが、共通していることは「社会になくてはならない重要なインフラを支える事業」ということです。
自社技術を活用できるインフラ事業へ展開することで、安定した成長と発展を可能にしています。

Availability

可用性

インフラ事業分野で要求される「入手性の高さ、使い勝手の良さ」にお応えできるよう国内各地に営業拠点を設け、物流拠点を国内4カ所に設置しています。「お客様の声をいち早く製品開発に」を実現し、より良い製品を安定供給できるよう体制づくりを行っています。

Human

人材

日本製線グループの成長を支えている人材は、弊社の強みのひとつです。開発・生産・物流・管理、様々な部門において世代交代が進み、若手社員の活躍も発展の一役を担っています。